チョコレートやアイスが食後のデザート

一時期我が家では、食後にチョコレートをデザート替わりに食べるのが流行っていました。チョコレートと言っても、高級なものではなく、スーパーなどで売っている大袋入りの手頃な価格の市販のものです。1つずつ個袋包装されているので、それをそれぞれ1粒ずつ食べるといった感じです。たまになくなってしまっていることに気づかず、食べる時になってないとなると、なんだか楽しみにしていたものがなくなってとてもガッカリします。そのため、欠かさないよう、ストックを増やすようにもなりました。
しかし、暑い季節になると、そのチョコレートが今度はアイスに変化していきました。食後に旦那と100円アイスを食べるようになりました。ただ、アイスはチョコレートよりも1個あたりのコストが高いです。費用を考えると、毎日食べるわけにもいかず、2、3日おきといったペースになってしまいました。そうなると、食後のアイスデザートがない日はなんだかとてもガッカリした気持ちになります。100円アイスではなく、もっとコストの安いアイスを選べばいいのでしょうが、やはり美味しさからすると、それぐらいの価格のアイスでないと満足感が得られません。満足感を取ると、やはり2、3日おきのペースで我慢するしかないと諦めています。
「宝くじが当れば、毎日アイスのデザート食べられるね」と、小さな夢の話を語る私達でした。生活習慣病などのことを考えれば、これぐらいの量が丁度いいのかもしれません。